ごみ処理データ

令和元年度ごみ処理状況

33,566トン

19,577トン

53,143トン

2,840トン

388トン

1,777トン

令和元年度市町別搬入量

令和元年度 搬入年報
市町名 収集車(※) 個人持込 合計
台数 搬入量:トン 台数 搬入量:トン 台数 搬入量:トン
大垣市 1,113 2,822.96 1,126 1,326.23 2,239 4,149.19
瑞穂市 3,392 6,758.87 5,470 5,610.52 8,862 12,369.39
本巣市 2,081 4,517.09 3,754 3,977.03 5,835 8,494.12
神戸町 2,234 3,163.42 2,667 1,284.86 4,901 4,448.28
輪之内町 646 1,418.58 557 591.72 1,203 2,010.30
安八町 866 2,332.96 1,245 1,416.58 2,111 3,749.54
揖斐川町 1,540 3,038.28 1,168 1,009.45 2,708 4,047.73
大野町 1,336 3,085.02 1,664 1,285.66 3,000 4,370.68
池田町 2,010 3,363.79 1,701 1,275.83 3,711 4,639.62
北方町 1,574 3,064.93 1,695 1,799.46 3,269 4,864.39
合計 16,792 33,565.9 21,047 19,577.34 37,839 53,143.24

(※)収集車には西南濃粗大265台875.98トン含む

施設管理上の記録

ごみ質

施設の維持管理、運転管理、及び公害対策、並びに施設の改造、新規施設の設計等に搬入ごみの性状を正確に把握することは極めて重要である。 反面ごみ質は、排出源・収集体制・季節天候等に左右されバラつきが大きく平均値を得るためには数多くの資料をもとに多くのデータから集約しなければならない。

収集・運搬は市町、処理処分は共同事業という分担がなされており、ごみ質試験は大きな意味をもっている。最近の分析結果は次のとおりである。

紙・布類の割合が多く、またビニール・合成樹脂類の混入も依然としてあり、収集段階における分別・リサイクル指導を徹底強化しなければならない。

ごみ質の経年変化
  平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度






紙・布類 【%】 49.6 40.9 38.1 40.8 48.2
ビニール・合成樹脂類 【%】 28.1 31.3 29.5 29.6 29.9
木・竹・わら類 【%】 7.1 14.3 7.9 9.6 7.7
ちゅう芥類(生ごみ) 【%】 8.8 7.8 12.2 8.1 8.6
不燃物 【%】 1.5 1.6 4.2 3.9 1.0
その他 【%】 4.9 4.1 8.1 8.0 4.6
単位容積重量【kg/m³】 159 115 184 147 141




水分 【%】 49.6 44.9 39.2 40.2 43.3
灰分 【%】 8.0 8.0 12.0 13.7 6.2
可燃分 【%】 42.4 47.1 48.8 46.1 50.5
低位発熱量【kJ/kg】 6,740 7,738 8,213 7,680 8,420
ごみ分析(元素分析)の経年変化
  平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
炭素 【%】 22.88 23.75 25.90 25.78 26.13
酸素 【%】 15.50 19.10 18.40 15.80 19.68
水素 【%】 3.43 3.50 3.65 3.83 3.90
窒素 【%】 0.41 0.46 0.53 0.44 0.39
硫黄 【%】 0.01未満 0.02 0.01未満 0.01未満 0.01未満
塩素 【%】 0.22 0.21 0.33 0.31 0.36

よくある質問に戻る

令和元年度ごみ分析

令和元年度ごみ分析のグラフ

可燃ごみ中に不燃物が混入した場合の焼却施設への障害について

組合では、構成市町と連携して広報等でごみ分別の協力を呼びかけ、ごみの減量化とリサイクルの推進を主体とした循環型社会の構築に向けて、地域住民への啓蒙活動を積極的に行っている。

現在搬入されているごみのうち、個人搬入者のごみは、不燃物等の搬入不適物が混入しないよう、検査をしてからごみピットに投入している。

今後、事業系の搬入ごみについても、搬入ごみ中に不燃物(缶、ビン、針金、機械部品、小型家電器等)や搬入不適物が混入しないよう、監視体制の強化を図っている。

組合による分別、減量化推進活動

搬入禁止のもの
不燃物 灰、もえがら、金属、ガラス、陶器、土石類
危険物 爆発性、引火性のあるもの
有毒ガス、悪臭の発生するもの
大型物 1辺50cm以上の可燃物
感染性
廃棄物
医療機関から発生するもの
合成樹脂 ゴム、プラスチック類
焼却処理
困難物
粉状のもの
(おがくず、もみがら等)

組合に搬入されているごみの中には有価物であるスチール缶、アルミ缶、紙類が混入している。流動床炉に投入されると、高温のためスチール缶は酸化して鉄資源としての価値はなくなり、アルミ缶は溶けてしまう。

「捨てればごみ、分ければ資源」をキャッチフレーズに、ごみを排出する時に、分別するよう呼びかけている。

よくある質問に戻る

令和元年度 排ガス測定記録(外部測定機関測定値)

【A系炉】流動床炉(90t/24H)
  平成31年
4月26日
令和元年
6月19日
令和元年
8月28日
令和元年
10月9日
令和元年
11月19日
令和2年
3月5日
法規制値 組合の基準値
ばいじん[g/m³N]
(O212%換算値)
0.001
未満
0.001
未満
0.001 0.001
未満
0.001
未満
0.001
未満
0.15 0.01
硫黄酸化物[ppm] 1.5 7.0 0.6未満 0.9 0.6未満 0.6未満 K値17.5で
計算される
排出基準
30
窒素酸化物[ppm]
(O212%換算値)
23 28 18 18 13 15 250 100
塩化水素濃度[mg/m³N]
(O212%換算値)
26 21 17 4未満 12 7 700 81
全水銀濃度[μg/m³N]
(O212%換算値)
1.1未満 2.2 0.6未満 8.5 1.0未満 1.1未満 50 50
  令和元年
7月18日
法規制値 組合の
基準値
ダイオキシン類
[ng-TEQ/m³N]
0.0065 5 0.5
【B系炉】流動床炉(90t/24H)
  平成31年
4月26日
令和元年
6月5日
令和元年
8月14日
令和元年
10月9日
令和元年
12月19日
令和2年
3月5日
法規制値 組合の基準値
ばいじん[g/m³N]
(O212%換算値)
0.001
未満
0.001
未満
0.002 0.001
未満
0.001
未満
0.001
未満
0.15 0.01
硫黄酸化物[ppm] 0.8 2.6 16 0.7 2.7 0.6未満 K値17.5で
計算される
排出基準
30
窒素酸化物[ppm]
(O212%換算値)
14 22 19 10未満 13 15 250 100
塩化水素濃度[mg/m³N]
(O212%換算値)
28 31 4 18 19 4未満 700 81
全水銀濃度[μg/m³N]
(O212%換算値)
1.1未満 1.6未満 1.8未満 3.2 1.6未満 1.1未満 50 50
  令和元年
7月17日
法規制値 組合の
基準値
ダイオキシン類
[ng-TEQ/m³N]
0.0050 5 0.5
【D系炉】溶融炉(90t/24H)
  平成31年
4月18日
令和元年
8月13日
令和元年
8月19日
令和元年
10月31日
令和元年
12月10日
令和2年
3月24日
法規制値 組合の基準値
ばいじん[g/m³N]
(O212%換算値)
0.001
未満
0.001
未満
0.001
未満
0.001
未満
0.001
未満
0.001
未満
0.08 0.01
硫黄酸化物[ppm] 0.7未満 0.7未満 0.7未満 0.7未満 0.6未満 0.6未満 K値17.5で
計算される
排出基準
20
窒素酸化物[ppm]
(O212%換算値)
10未満 10未満 10未満 11 10未満 10未満 250 50
塩化水素濃度[mg/m³N]
(O212%換算値)
15 10 4未満 4 15 15 700 65
全水銀濃度[μg/m³N]
(O212%換算値)
19 19 9.1 8.5 3.5 2.1 50 50
  令和2年
1月28日
法規制値 組合の
基準値
ダイオキシン類
[ng-TEQ/m³N]
0.0075 1 0.01

ページの上に戻る